ソシオティックセラピー(ハイブリッドリンパドレナージュ)         サロン・エステ独立開業支援

礦石の持つ特殊な光の波長を細分化する機能を用いたまったく新しい技術です。
2007年アメリカ合衆国保健省福祉サービス機構より大統領最優秀金賞受賞さらに同年ノーベル賞選考機関であるスウェーデン王立科学アカデミーより世界科学大賞受賞した、世界に誇れる技術です。

ドイツ医学のリンパドレナージュを基本とした独自の循環器経路に沿った、優しいホリスティック施術法(体内老廃物排泄)と【MOCOエナジークリーム・数種の礦石の放つエネルギー(育成光線・ホルミシス・イオンバランス調整・還元作用)さらに植物性イオン化コロイドミネラル・数種のアミノ酸の融合】により、しっとりとした潤いのあるお肌に導きます。また人間本来の心身共に健康なバランスの状態に引き戻すことで、代謝促進 ・ 病気やケガの予防・アンチエイジング全般・むくみや疲労の回復を促し、さまざまな症状を改善します。

当協会が手掛けるセラピストの養成ならびに提供する技術の総称、「ソシオティックセラピー」とは、多くのエステ、美容業者等が手掛ける、単なる美の追求だけではなく「社会に寄与することを目的とする。」バランシングであると思います。

私達は、「美しさの基本は心身共に健康。美は健康の上に成り立つものと考えます。」今の日本の美容業界の中心的存在のエステティックという言葉の語源も、ギリシャ語の「アイステイシス」=「美学・審美・美意識・美しいものを感じる心」といった意味です。

外見の美しさだけではなく、内面からの充実感や癒しを通じて、豊かな人生を築くことがエステティックの本来の目的であります。しかし実際は非常にネガティブな印象が強く社会的貢献度も低いように思われます。こうしたイメージや実態を払拭し、セラピストの社会的認知度や地位を向上させるため敢えて「ソシオティック」という名のもとで医学と美学を融合させた統合療法、これこそが、“ソシオティック”の精神に通じるもので、「健康は、精神と心と身体のバランス」がとれた状態ではじめて成り立ちます。

フランスでは、病院や高齢者施設などでフェイシャルケアやボディケア、メイクなどを行うソシオエステが一般的になっており、国家資格にもなっています。日本でも外来にエステを取り入れている医療施設が増え、医学(メディカル)と美学(エステティック)の融合、つまり、ソシオエステが広がってきています。医療の現場で、私達のソシオティック技術が必要不可欠になってきたのです。

エステの分野でも医療の進出が広がりつつあります。しかし、メディカル的な視点から施術法を捉えたプロのセラピスト、そして、エステの技術を身につけた医療従事者も非常に少ないのが現状です。したがって、どちらのスキルも兼ね備えた「ソシオティシャン」の需要はますます増えるものだと思われます。当協会では医学と美学の融合を掲げるとともに、次世代のメディカルエステシャン「ソシオティシャン」の養成、医療従事者のスキルの育成が本協会の使命であると考えます。

“ソシオティックセラピー”は、美容面だけにとどまらず、精神的な安らぎを与えることを目的にします。「医学」「美学」「想い」「礦石」「植物性ミネラル」の融合により質の高い技術の提供を惜しまず、社会貢献すること、また人道的、社会福祉的な面から捉えたビジネスであると言えます。

 

 

特定非営利活動法人 ゆらぎ家族支援協会 ・ ホリスティックアカデミーB&K